モッサリとする日々
ミュージシャンオーラ皆無のオッサンたちによる"逆"ビジュアル系バンド「モッサリーズ」の告知ブログ(その他諸々)
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
帰ってきたしろくま
久~しく歌詞紹介の記事を書いていなかったので、
思い出したように書いてみます。
歌詞紹介5発目は『帰ってきたしろくま』



『帰ってきたしろくま』 

さぁ行こう 今日で終わりにしよう
後悔と未練だけの逃避行
七つの果てしない海原と
五つのそびえ立つ山脈越えて

帰ってきたしろくま
ただいまはいまさら
悲しい顔しないで

鞄に ヘミングウェイのノベルと
小銭と 書きためた譜面を詰めて

帰ってきたしろくま
ごめんねは今なら
あなたに会いにいくよ

あの日のピカレスクを
忘れることはしないで

もうすぐだ 街の灯が見えてきた
昂る鼓動を打ち鳴らして
さぁ行こう 今日で終わりにしよう
心にそびえ立つ山脈越えて

帰ってきたしろくま
ただいまはいまさら
悲しい顔しないで

帰ってきたしろくま
ごめんねは今なら
あなたに会いにいくよ



この曲は始めは友人のバンドが復活するということで、お祝いに作った曲でした。
そのバンドの曲に「しろくま」をモチーフに唄っている曲があったので、
帰ってきたしろくま、となったわけです。

タイトルが一番最初にあり、「しろくま」という語呂から曲を書いていったせいで
いざ自分で唄おうとなった時に、歌詞をあれこれ変えてみたのですが、
どれもしっくりいかず、結局そのまま「しろくま」の歌詞で唄うことになりました(笑)


歌詞の内容はバンドの復活をお祝いする意味合いもあるのですが、
自分自身に向けた唄でもあります。

学生時代からずっとバンド活動にあこがれていたけど、どうして良いかわからず
自分で宅録の真似事のような事をして、それを誰に聴かすでもなくずっと悶々と過ごしていました。

30代も半ばになり、やはり諦めきれず思い切って一歩踏み出したことがきっかけで
カホンという打楽器を担当することから始まり、今では自分発信でバンドを組むまでになったわけで、
ちょうどその一歩を踏み出した後くらいに書いた曲なのです。自分の背中を押す意味も込めて。



・・・と、どうして思い出したように歌詞紹介を書いているかというと、
今、新しい曲が2つ出来ていて、さぁ歌詞を書かなきゃいかんわけですが
一向にペンが進まないわけなのです。

明日から仕事絡みの研修で、横須賀のホテルに2泊するのですが
ちょっとミュージシャンっぽく、夜はそのホテルに篭って歌詞をひねり出そうかと考えているのです。

こうやって書いて自分自身の背中を押す作戦。いや、プレッシャーか(笑)

スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.